MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

がん既往歴がある方向け(2013年版)

この記事は、2013年8月のデータを元にしています。
2016年9月現在、2016年9月現在のおすすめシミュレーションは、こちらです。

 

告知内容や健診内容が緩いプランを、「引受基準緩和型保険」といいます。
こうした「医療保険」や「死亡保険」は、今はたくさん出ていていますよね?
では、がん既往歴がある人でも引き受け基準を緩和してくれる、
そんな「がん保険」って、あるのでしょうか?

 

 

「みんなのほすピタる緩和告知型ガン保険」告知条件

アメリカンホームダイレクトは、2016年4月1日より、
全ての保険商品の新規契約の販売活動を終了しています。

 

アメリカンホームの、
みんなのほすピタる緩和告知型ガン保険」だけ、それにあたります。
告知内容は4つで、その全てに「いいえ」であれば、引き受け可能です。

 

最近6ヶ月以内に、病気で手術や入院をしたことがある。
 若しくは、最近6ヶ月以内に、病気が原因で医師による検査や診査を受け、
 入院または手術を勧められたことがある。

過去2年以内に、がんで入院や手術をしたことがある。

過去2年以内に、がんや、
 肝硬変・肺気腫・肺線維症・塵肺・再生不良性貧血・骨髄異形成症候群
 と診断されたことがある。

(女性のみ)現在、乳房のしこり・乳腺からの異常な分泌物や出血
 といった症状がある。

 

どうですか?
ハッキリ言えば、既往歴に関する条件は、あまり緩いとは思えません。
がんやその他7つの疾病と診断されてから、2年経っていなければならないし、
女性であれば、乳がん以外の疾病の兆候でさえも、引き受けてもらえません。

 

 

「みんなのほすピタる緩和告知型ガン保険」の内容

具体的にどのような補償内容か、ご紹介します。

 

 

基本補償

@がん入院は、日数無制限で日帰り入院も補償します。
上皮新生物も含まれます。
日額は、Aコース5,000円・Bコース10,000円・Cコース15,000円です。

 

Aがん手術は、入院をともなう手術か入院をともなわない手術かにより、
補償額が異なります。
入院を伴う場合は入院日額の10倍、伴わない場合3倍となります。

 

Bガン退院療養一時金は、入院日額の10倍です。
20日間以上の継続した入院(転入院を含む)後の退院が、条件です。

 

Cガン通院療養保険金は、1日につき、入院日額の半額です。
1回の入院後の通院については最高45日、通算最高1,000日が限度です。

 

ここまでが基本補償です。
そして、注意してほしいのは、
保険期間の開始日から1年間は、上記金額の50%の支給額となります。

 

残念ながら、がん既往歴が2年以内にあるのに、虚偽の告知をする人や、
直近6ヶ月以内の医師からがんの疑いを言われていることを隠す人は、います。
それは保険会社側がどんなに「正直な告知」を強くすすめても、
排除しきれないリスクです。

 

契約直後1年間の半額支払いは、そうした排除しきれないリスクに対する、
保険会社側の苦肉の措置なのです・・。

 

やはりですね、最初からこうした緩和告知型ガン保険に契約する前に、
ダメモトでもいいですから、通常のがん保険の告知をトライして下さい。
その告知に1回だけ保険料が必要だったとしても、払って下さい。
審査内容であなたが契約しないと意思表示すれば、必ず保険料は戻ります。

 

ここまでの保険料は、以下の通りです。
その前に、またまた注意点です!

 

Aコースについてです。
男性は36歳以上でなければ、女性は48歳以上でなければ、
基本補償だけで契約できません。
後に説明する「オプション補償」をつけなければ、契約できません。

 

  Aコース Bコース Cコース

男性

 

30歳 設定不可 2,083円 3,125円
40歳 1,546円 3,089円 4,636円
50歳 2,361円 4,719円 7,089円

女性

 

30歳 設定不可 1,552円 2,328円
40歳 設定不可 2,123円 3,185円
50歳 1,405円 2,808円 4,213円

 

 

オプション補償

コースは2つで、男性は@、女性は@Aを付加出来ます。

 

@入院が5日間以上継続した場合
悪性新生物入院治療一時金から、Aコース50万円・BCコース100万円が、
上皮新生物入院治療一時金からは、Aコース10万円・BCコース20万円が、
それぞれ支払われます。

 

A女性の場合、
女性特有のがんで入院した場合、Aコース5,000円・BCコース10,000円が、
基本補償の入院日額に上乗せして、支払われます。

 

また、女性特有のがんや上皮内新生物と診断されて、5日間以上継続入院の場合
悪性新生物入院治療一時金から、Aコース50万円・BCコース100万円が、
上皮新生物入院治療一時金からは、Aコース10万円・BCコース20万円が、
それぞれ支払われます。

 

それでは、基本補償プラスオプション補償での、保険料をお伝えします。

男性
  Aコース Bコース Cコース
30歳 3,047円 6,092円 7,134円
40歳 4,567円 9,130円 10,677円
50歳 6,959円 13,915円 16,276円

 

 

女性
  Aコース Bコース Cコース

 

30歳

 

 

@のみ付加 2,451円 4,902円 5,678円
Aのみ付加 1,650円 3,299円 4,075円
@A両方付加 3,325円 6,649円 7,425円

 

40歳

 

@のみ付加 3,345円 6,689円 7,751円
Aのみ付加 2,195円 4,389円 5,451円
@A両方付加 4,478円 8,955円 10,017円

 

50歳

 

@のみ付加 4,273円 8,544円 9,949円
Aのみ付加 2,604円 5,206円 6,611円
@A両方付加 5,472円 10,942円 12,347円

 

 

このプランへの口コミ

・昨年がんを手術したためまだ加入できないが、2年待って入りたい
(男性・45歳・会社員)

・子宮がん後、他ではがん補償は追加できなかったので、このプランは良い
(女性・50歳・専業主婦)

過去2年以内のがんに、肉腫も含まれていて、加入出来ずに残念だった
(男性・39歳・自営業)

 



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場

 

 

 

がん既往歴がある方向け(2013年版)関連ページ

20代〜30代向け(2013年版)
40代以降向け(2013年版)