MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

見直しで保険料を安くするには?

見直しで保険料を安くするのは、テレビCMで言うほど簡単ではありません。
保険料を安くするということは、何かしらの保障が薄くなるということ。
今の保障の水準を保ちながら、どうやって保険料を安くするのか、考えます。

 

 

昔のプランから最新のプランにする

がん保険

 

保障レベルを下げずに見直しで保険料を安くするには、
昔のプランから最新のプランに乗り換えることしかありません。
あなたは、数十年前のがんプランを見たことがありますか?

 

例えばかつては、今のように「日帰り入院も保障」ではありませんでした。
なんと!私の父が産まれてから掛けてくれていて、
今私が引き継いでいる内容は、
「8日以上継続入院した場合、1日目から満額給付する」という特約です!

 

今なら有り得ませんよね・・。
7日入院だった場合、給付はゼロですから!
最新プランなら、満額7日分出る状況です。

 

このように、数十年前に親御さんが契約してくれていて、
今大人になったあなたが引き継いでいる場合、こうした驚愕プランの場合も。
今一度、内容を確認してみて下さい。

 

今なら、ほぼ日帰り入院から保障されます。
しかも保険商品はどれも飽和状態、がんプランも格安プランが目白押しです。
かつて超高級品だった扇風機が、今では廉価な家電、というイメージ(笑)。
市場競争論理が働き、性能が高い上に、誰でも手が届く商品になっています。

 

もちろん最初に契約した時より年齢は上がっていますが、
その保険料の上がり幅を凌駕するくらい、各がんプランは安くなっています。

 

 

注意点もある

少しだけ留意しておいてほしいことがあります。
それは、「昔の保険は、がん保険でも貯蓄性がある場合がある」ということ。
保障内容としてはイマイチでも、貯蓄性があり、解約返戻金が良いのです。
そのまま持ち続けたら、資産価値が上がっていく可能性が高いのです。

 

よく、1980年代に入った年金や養老保険は、お宝保険と言われます。
今に比べて格段に利率が良く、解約しては絶対に損となる保険です。

 

がん保険は、さすがにそこまでお宝とは言えないでしょうが、
やはりデフレの今より好景気だった時に作られたプラン、設定利率が高いです。
しかもその利率は、よっぽどのことが無い限りは固定金利です。
思い当たるあなたは、見直し前に、保険会社に確認してみてはどうでしょう?

 

 

見直しで失敗しないためには

以上のように、保険の見直しをというのは、
もしやるなら、思っている以上にシビアに検討しなければいけません。

 

保険会社のCMに踊らされて、わざわざ保険を変更したのに、
「前の方がお得で保障内容もよかった」なんてなったら、目も当てられません…。

 

 

ですので、スカイ的には見直しのときこそ、
保険の無料相談サービスで、プロのアドバイスをもらうことをオススメします。

 

保険というのは本当に複雑ですので、
むずかしい部分はプロに頼んでしまった方が安全です。

 

がん保険

 

 

無料相談サービスであれば、相談員も中立の立場なので、
元のプランの方があなたに合っていれば、見直しをやめるように薦めてくれますし、
リスクがグッと減ります。

 

もちろん、元のプランよりもよいプランがあれば、
ちゃんと紹介してくれますので、お得です。
(見直しをして、年間10万円以上浮いた人もいます)

 

せっかくのサービスでのうまく活用しましょう!

 

 

 



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険のビュッフェなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均7.4年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場