MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

チューリッヒ生命 My終身ガン保険

この記事は、2013年8月のデータを元にしています。
2016年9月現在、この保険は販売していません。

 

チューリッヒ生命の商品を選ぶ方は、
既に損保でも契約している方の割合が高いです。
それだけ、この会社に対する既契約者の満足度が高いということですよね〜。
逆に、My終身ガン保険の満足度の高さで損保も契約する方も、多いのでは?

 

ちょっとした注意点があります。
このプランには、がんに対する相談や、
セカンドオピニオン等の相談のサービスはありません。
プランは素晴らしいですが、こうしたプラスαが欲しい方には残念です。

 

 

My終身ガン保険の特徴

上皮内新生物に対する保障の厚さが、大きな特徴です。

 

あなたは、「上皮内新生物」って何か分かりますか?
これは「ごく初期のがん」と言えます。
粘膜の上の層である「上皮」の内側にがんができている状態で、
大腸の粘膜や子宮頚部に出来やすいです。

 

でも、肺がん・食道がん・すい臓がん・肝臓がん・膀胱がんも、
まずはその内臓の上皮組織内に発生する場合が、多々あります。
やはりこの上皮内新生物の状態で、しっかり治療しておく必要があるのです!
これが成長して「悪性新生物」になってしまうのですから。

 

 

「悪性新生物治療給付金」

50万・100万・200万で、コースが分かれます。
この給付は、2年に1回を限度に、支払回数無制限です!

 

「上皮内新生物診断給付金」も、がんと同額給付されます。
ただしこちらは、1回のみの給付です。

 

 

上皮内新生物への保障

入院給付・手術給付・通院給付・先進医療給付の4つとも、
がんのみならず、上皮内新生物も対象としています。

 

がん・上皮内新生物共通の注意点は、以下の通りです。

給付名 内容・注意点
通院給付 1回の退院後30日とし、保険期間を通算して700日が限度
先進医療給付 所定の先進医療にかかわる技術料と同額で、通算500万が限度

 

 

ベーシックプランと特約

ここまでの保障内容がベーシックプランで、
「悪性新生物治療給付金」の金額で3コースに分かれます。
ここに、通常の医療保障や死亡保障を付けることも出来ます。

 

もちろんその保障は保険料が必要ですが、保険料不要の特約もあります。
「指定代理請求特約」は、会社が認める傷病名(ガンなど)の告知や、
余命6ヶ月以内であることの告知を家族のみがうけ、
被保険者本人に知らせていない場合、指定代理請求人が給付金請求出来ます。

 

 

My終身ガン保険の保険料

男性30歳で、3つのコースで保険料を比べてみます。
3つとも、先進医療特約500万が付加されています。
入院・手術・通院保障額は、コースにより決まっています。

 

コース名 入院日額 手術給付 通院日額 保険料
50万コース 1万円 20万円 5,000円 1,947円
100万コース 1万円 2,777円
200万コース 2万円 40万円 2万円 5,437円

 

 

あなたが若くて健康なら、200万コースを付けるのをお勧めします。
また、家系でがんが心配な場合も、このコースにした方が良いでしょうね。

 

 

※各保険会社の資料が一括請求できます



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場