MENU

 

『保険ってむずかしくて、
どう選んでいいかわからなーい!!』

 

という人はこちらをチェック

東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命は、
東京海上ホールディングス株式会社が100%出資の、生命保険会社です。
1996年設立ですが、今では東京海上グループの中核企業となりました。
順調に新規契約高や既存契約高を増やしている、安定性の高い会社です。

 

先に説明した日本生命同様、母体は歴史ある保険会社です。
そうなるとやはり注意点は、各保険営業員の質や仕事に対する姿勢です。
この辺りに若干のバラつきが見られるのが、残念なところでしょうか・・。

 

 

東京海上日動あんしん生命の特徴

東京海上日動あんしん生命は、「退院後の生活」を重視しています。

 

「退院は嬉しいけど、外来通院やリハビリの医療費が心配!」

「入院治療が不要な病気になり、今の保険じゃ対応できない!」

「最近は若くても脳疾患になる人が急増で、人ごとじゃない!」

 

こうした、最近の治療法や傷病傾向に関する不安は、あなたもあるのでは?
従来型なら、入院・手術までは保障しても、在宅療養やリハビリ療養、
また後遺症による要介護認定でのカバーは不十分でした。

 

でもこちらの会社のプランは、そうした退院後の生活を助けるプランです。

 

  • 生活習慣病の在宅療養に対応し、働けないときの経済的不安を解消
  • 介護や老後に備え、安心して長生きできる経済的サポートの実現

 

 

 

このあたりを目標として、商品開発をしているのです。
医療保険なら、健康ならそれまで支払った保険料が一部返ってきます。
また就業不能サポートとして、働けなくなった時の生活費をサポートします。
終身保険なら、所定の要介護状態で介護保険金を受け取れます。

 

 

東京海上日動あんしん生命のがん保険(2016年版)

以下の2つがあります。

  • がん治療支援保険NEO
  • がん診断保険R

 

がん治療支援保険NEO

それほど変わったところはない、オーソドックスなプランです。

 

主契約は以下のとおりです。

  • 診断給付金(回数無制限 2年に1回を限度)
  • 悪性新生物 初回診断保険金
  • 入院給付金(診断給付金額の1/100)
  • 手術給付金(放射線治療を含み、診断給付金額の20/100)
  • 治療給付金(抗がん剤治療)
  • 通院給付金(入院給付金日額と同額または1/2)

 

診断給付金は、上皮内新生物も含みますが、
回数無制限ではなく、1回限りです。

 

なお、このプランはA・B・Cの3タイプから選びます。
その違いは、以下のとおりです。

 

Aタイプ

Bタイプ

Cタイプ

診断給付金

100万円

悪性新生物 初回診断保険金

200万円

100万円

50万円

入院給付金

日額10,000円

手術給付金

20万円

治療給付金(抗がん剤治療)

10万円

通院給付金

5,000円か10,000円

 

特約は以下のとおりです。

  • 先進医療給付金(通算2,000万が限度)
  • 保険料払込免除(上皮内新生物は対象外

 

がん診断保険R

70歳までに、診断給付金を受け取っているかがポイントです。
診断給付金の受け取りがない場合、70歳までに払った保険料が全額戻ります。

 

診断給付金の受け取りがあった場合、
70歳までに払った保険料が、受け取った診断給付金の合計金額を上回るとき、
その差額が戻ります。

 

そう!戻りを期待しちゃいますから、
なかなか途中解約しづらい商品なんですよ・・。
70歳になったら解約してもいいでしょうが、
その時の健康状態は、当然期待できませんよね〜。

 

主契約は以下のとおりです。

  • 診断給付金(回数無制限 2年に1回を限度)
  • 健康還付給付金

 

特約は以下のとおりです。

  • 悪性新生物初回診断保険金
  • 入院給付金 (日数無制限)
  • 手術給付金(放射線治療を含む)
  • 治療給付金(抗がん剤治療)
  • 通院給付金
  • 先進医療給付金

 

たしかに、掛け捨てのプランではありませんが、
絶対一生涯解約しない!というあなたにだけ、おすすめします。

 

 

東京海上日動あんしん生命のがん保険(2013年版)

「がん治療支援保険」という商品があります。

 

@基本セットプラン
主契約は診断給付金で、100万・150万・200万・300万が選べます。
その1/100の金額が、入院給付金と通院給付金になります。
手術給付金は、診断給付金の1/5です。

 

主契約を300万とすると、以下の通りです。
・診断給付金は、300万円
・入院日額は、10,000円
・通院日額も、10,000円
・手術給付金は、60万円

 

Aがんアドバンスパック
@に更に、がんアドバンスパックを充実させることも出来ます。
5万円コースと10万円コースがあり、これは月額抗がん剤治療給付の額です。
通算60ヶ月が限度です。

 

更に、先進医療特約を付けることも出来ます。
これは5万円コースと10万円コースともに、通算1,000万円が限度です。

 

基本セットプラン⇒がんアドバンスパック5万コース⇒同じく10万コースで、
それぞれ約1,000円の保険料アップの概算です。
もっとも重要視するべきは診断給付金なので、
アドバンスパックを付けなくても、診断給付金は上限300万をお勧めします。

 

 

※各保険会社の資料が一括請求できます



 

 

保険料削減、保障内容の充実、あなたの保険はもっとよくなる!

 

保険会社の特徴はそれぞれ!
本当にあなたに合う保険を見つけてみませんか?

 

 

無駄に払っている保険料。
本当はもっと安くなるんです!

 

 

20代・30代・40代、ライフステージに併せて、
あなたにピッタリの保険はどれ?

 

こんな悩みはもちろん、保険についてはいろいろな希望や悩みがあると思いますが、
そんな人にこそ、私スカイは保険マンモスなど、保険の無料相談サービスをおすすめします。
年間保険料を10万以上節約したケースもありますし、
年代に併せた、あなたに最適な保障内容を提案してくれます。
無料相談サービスについて、知りたい方はこちら

 

 

 

 

 

●スカイがこのサービスをおすすめする理由
中立の立場だから、本当にあなたにピッタリのプランを提案できる
相談だけで、保険に加入しなくてもOK
平均5年の実務経験を持つ保険専門家FPが対応してくれる
これだけ揃って、無料で利用できる!

 

 

マンモス

 

※無料相談する前に、自分で各社の資料を確認しておきたい人は、
 下記から一括で資料請求が可能です。


  [PR]保険市場